中国人戦争被害者の要求を支える京都の会

 

戦争中、約4万人もの中国人が、甘言や強制的手段で日本に連行され、炭鉱や工事現場などで、賃金も支払われず、長時間の奴隷労働を強いられました。命を落とした人もありました。京都大江山ニッケル鉱山にも200人の中国人が連行されており、1998年、被害者のうちの6人が日本政府と日本冶金を提訴しました。裁判所は被害を認定し、その原告6人に対しては日本冶金との和解が成立しました。ですが、そのほか大半の被害者とその遺族にとり戦争の傷はいまだ癒えることはありません。私たちは、被害者の尊厳回復などの思いを実現するため支援を続けています。

 

開催予定のイベント

DVD上映会
Sat, Nov 21
機関紙会館ビル5F
Nov 21, 2:00 PM – 4:00 PM
機関紙会館ビル5F, 日本、〒602-8026 京都府京都市上京区春帯町350
7月の写真展には、コロナ禍と大雨の中、多数の御来場者がありました。ありがとうございました。立命館大学映像サークル所属の映像製作集団「録」がDVDにまとめてくださいましたので、その上映会をします。写真展来てくださった方も、来れなかった方もぜひお越しください
シェア
 

大江山裁判

1998年 中国河南省の被害者6人が日本政府と日本冶金を京都地裁に提訴。

私たちは、応援団としての活動開始しました。

2003年1月15日京都地裁判決。被告らの共同不法行為を認めました。日本政府については国家無答責の適用を排除、日本冶金については安全配慮義務と賃金不払いによる不当利得返還義務を認めました。ですが、時効と除斥により請求を棄却しました。

原告は大阪高裁へ控訴し、日本冶金と和解しました。

日本政府の責任を求めて最高裁へ上告するも2007年棄却になりました。

​大江山の供養塔にたたずむ被害者劉宗根さん

​地裁判決の日。報告集会で。

 
IMG_5617_edited.jpg
 

私たちをご支援ください

あなたのご支援は大きな力になります

​会員になれば

年会費2千円。
隔月発行のニュースレター「すおぺい」が送られてきます。
写真展、フィールドワーク、学習会、被害者との交流などのイベントに参加できます。メールでお申し込みください。

今すぐご支援を

ドイツのような、政府・企業などの拠出による「戦後補償基金」構想を求めています。私たちの活動にご支援ください。
郵便振替
00930-0-136148 「支える京都の会」

 

©2020 by 中国人戦争被害者の要求を支える京都の会。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now